女王様コラム 珠稀女王様編 『足に魅せられる ~足へのフェチ考~』
2020-06-04 大阪 日本橋 フェティッシュSMクラブ Fetishi-sm フェティシズム 公式ブログ

Fetishi-SM Mistress Column 珠稀女王様のプレイに対する姿勢や女王としてのこだわり等が書かれた内容となっています。是非、お楽しみください。珠稀女王様編 『足に魅せられる ~足へのフェチ考~』足に思い入れがある人の割合は、本当のところ世の男性の過半数なのではないかと疑いを通り越して、確信している。 勿論、SMクラブという場所だからこそ、足にまつわる様々な願望や欲を叶えたい人が訪ねてくるのであったとしても、足と言う存在に対しての思い入れはかなり細かく分かれている。先ず、足と脚。この違いを一目で理解したあなたは、足脚フェチかそうじゃないかでいうと、前者にもれなく分類される。漢字が違うから、と言う答えもでるだろうが、違うけれどそれが何か?とならなければ問答無用で、足脚フェチである。おめでとう。要は、足または脚に興味があるのかどうかが、フェチかそうじゃないかの境界線なのだ。そして、次に脚に興味が有るか。足に興味が有るか。この2つでも全然違う。勿論、足も脚も全体的に好きだ、たまらん!という真正の脚崇拝者もいるが、ここでは、足と脚で2つに分けたいと思う。脚が好きなら、太ももとふくらはぎ、足首。足が好きなら、足の裏、つま先。それぞれに、目が吸い寄せられる部位が違うのだ。それ以外は、挟まれたり、踏まれたり、蹴られたりといった細かい好みはあるものの、「足または脚に支配されたい」という足脚への賛美からの願望である。男女に関わらず、骨と筋肉、そして脂肪のバランスがとれた脚はとても美しい曲線を描くし、小股の切れ上がった骨を浮き上がらせる足首につるりと丸く艶のある踵や、丸く小さな足の指爪、なだらかにくぼむ土踏まず。足には美しさを感じる部位が至る所にある。人体そのものが、とても良くできた構築美をもっているのだけれど何故、皆そんなにも足や脚に魅入られてしまうのか。それは、下半身を衣服で覆うという着装文化に理由があると考えられる。たとえば、浴衣姿のあしもとから、歩く足さばきによって足首からむこうずねがちらりと見える。プリーツスカートの裾が風でそよぎ、白く柔らかそうな内腿があらわになる。普段、衣服によって隠されているから余計に目を奪われる。隠れているところだから、ジックリと観たい。そういう好奇心がいつしか性欲を伴うようになって足や脚へ執着するようになるのだ。脳は、一度意識した情報を無意識にでも集めようとする。だから、脚に関して興味関心を持った時点であなたは「足脚フェチ」の領域へ足を踏み入れたことになるのだ。さて、そうと決まれば自分はどんな足、または脚が好きか一度じっくりと考えてみたらいい。まだ知らない自分のことを発見出来る良い機会になる。そして、足や脚にひざまづき、支配される悦びを体験して、人生の楽しみを増やして欲しい。楽しみが多いほど、生きることに真剣になれる。大人だからこそ、楽しく生きましょう。TAMAKI大阪 日本橋 フェティッシュミストレス倶楽部 Fetishi-SM URL PC:http://fetishi-sm.com/ URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/お問い合わせは TEL:06-4963-2242 MAIL:info@fetishi-sm.com迄 営業時間:12:00~ラスト(電話受け付け最終時間・24:00迄) ご予約対応時間:11:30~24:00(最終ご予約案内時間)※只今、臨時休業中です。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

在籍店舗

Fetishi-SM フェティシズム

エリア:大阪府
キャスト名

Fetishi-SM フェティシズム 公式

記事内のキーワード
※ フェティシズムの略
※ マゾヒズムを持つパートナーに対して支配的な立場をとるS女性
店舗 記事一覧
愛のパドルと蝋燭

2020-11-27

愛のパドルと蝋燭

痛いことは痛い。 まぁその痛さの強弱は個人差はあるけれど。 しかし、なぜその痛いことが【良いこと】とか【興奮すること】に変換されるのだろう? まぁそんな疑問を書いてみたものの、結局私はそんなのどーでもよくて(笑)、それを受け入れる人種が好きだ。 それは『私がするから』受け入れられるってことであるのは言うまでもないことね。   さて、そんな一人奴隷KT。 この時は珠稀様とご一緒しました。 おそらくKTは珠稀様なら厳しくご調教くださるのでは、、、と思ったはずだ。 厳しそうな凛とした女王様がKTは好きなんじゃないかと思われるしね。 かと言って、私は普段ゆるゆるなんだけどなぁ、、、(笑) いやいや、KTと出会った頃はそんなことなかったな、、、うん、そうだ。 厳しくしなければ!と思っていた節がある。 そんな私も今となっては緩いところは緩く、しめるべきところはとことんしめるようになりました(笑)   今回使ったお道具たち。 珠稀様も色々試されていましたよ。 お揃いのパドルもあるの。 これはね、珠稀様がされていたお店のイベントにゲストでご招待いただいた時に来店された方からいただいたものなのだけど、その後フェティシズムでは大流行し、ほとんどみなさん所有されているんじゃないかな。 珠稀様とご一緒に使う機会があって良かった。 そしてKTがいつも作ってくれている蝋燭も。 赤く赤く腫れあがった尻たぶに白い蝋燭はやはり映えるもの。 熱い熱いと身をよじらせるのだが、容赦なくたっぷりと垂らしてやりました。 珠稀様と相談してラバーで統一。 しかしだよ、ガチンコスパンキングにラバーはちょっとキツイね。 だって汗だくだもん(笑)   ちょうど、明日はKTが調教にやってくる。 私一人で思う存分スパンキングという愛を注いでやろうと思う。 覚悟せよ、KT。   珠稀様、またご一緒いたしましょう。

ブログ – TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
スッキリしないこともある

2020-11-26

スッキリしないこともある

写真を見ても誰か思い出せなかったのだけど、色々調べていくうちに誰かわかったの。 思い出した、、、 一度目の時にSM初めてだって言ってたのだけど、何がしたいか全くわからないようなタイプで、結局ちょっとキツく言われることに興奮してしまうということが判明。 あまりの衝撃だったようで、あっという間に二度目がやってきた。 だけどよ、いくら私でもいつでも上手くなんていくわけがない。 どうもその日は上手にできなかったようで、イマイチ入れてやることができなかったの。   すっかり忘れていたけれど、まぁまぁ私自身ががっくりするような出来栄えのプレイでした、、、 この辺りは大丈夫だったと思う。 初めてのマスクにも興奮してたはず。 アナルもOK。 あ、、、だけど、拘束がちょっとしんどくなってきたから厳しいって感じになって、その後からかな、、、 いや、こうして書いていて思い出してきたけど、その後私は追い込んだのだ。 それはそれで悪くなかったのだ。   問題はその後 プレイ後にお話をした時だ。 その時に、なんだかすっきりしない感じがして、たぶん失敗だったと思ったのだ。 何が原因か? それはよくわからない。 ただ、本人は一回目のような衝撃が欲しかったのだろうと思う。 すげー!ヤバいっすね、SM! また次も絶対来ます! そんなノリだったのが、変に違和感があったのはこういう二度目になるのではと私自身が感じてたのだろうね。   私は毎回大きな驚きを与えられるタイプではない。 少しづつ積み重ね、ある時後ろを振り返ると、一体いつの間にこんな風になってしまったのだろう、、、と気づいてしまうようなプレイをするタイプのだ。 とはいえ、これもまた反省材料であることは否めない。 これからも頑張ります、、、(笑)

ブログ – TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
顔晒しマゾ ~めんべー~

2020-11-23

顔晒しマゾ ~めんべー~

ちょっと前に初めて登場しためんべーの再登場。 今回は縄をリクエストしてきためんべー。 望むところ。 しっかり縄をかけながら、お前の恥ずかしいところをしっかりと晒してやろうじゃない。 後手に縄をかけ、さぁどうしてやろうかとちょっと遊んでみる。 お前の肉便器たるケツマンコを指で開いて見てやろう。 そうされるだけで、いやらしいお前だからヒクつかせてるわね、やっぱり。 顔はこんな感じ。 情けない感じが良く似合っているわよ。 お前自身も興奮するかもしれないけれど、私もこうしたことでさらに楽しくなってしまう。 いいわね(笑) こんな恥ずかしい顔を晒され、きっとお前はまた興奮するのでしょう。 脚も動けないように拘束し、さらにいやらしいケツマンコを弄ぶおもちゃを装着。 私に見られながら、腰を動かせと命令されるめんべー。 この状態で必死に腰をくねらせる。 お前がさらに腰をくねらせたくなる動きを調べてやろう。 お前が返事をしなくとも、しっかりと調べればどれがさらに感じるのかわかってしまうのよ。 散々楽しんだあとは形を変更。 次は私がおもちゃを動かしまくってやろう。 腰をくねらせ、自身で感じるより激しいでしょ?(笑) まだまだ終わってなんてやらないわよ? 動画もたっぷり撮って終了(これ、動画の一コマ) そのうち、Jailさんででもめんべーの前で動画上映会でもしてみようかな(笑) そうすれば、プレイ→ブログ→上映会、三度美味しいってわけ! 素晴らしいわね? 先日のプレイでも散々動画を撮ったけど、これからも撮り続けましょう。     お土産もありがとう! また色んなお話も聞かせてちょうだいね。   楽しいひと時をありがとう。  

ブログ – TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
野鳥の会ごっご

2020-11-17

野鳥の会ごっご

めすわんこが一回のプレイでどれくらいイクのか? そこがふと気になって、野鳥の会で使いそうなカウンターを用意するように指示していた私(笑) それを使って一度プレイをしたのだが、途中から押すことができなくなることが判明。 それではと、純様をお呼びしてプレイすることに。 イかせ方はいくらでもある。 特にコレ!というのは決める必要もない。 楽しそうに乳首をつまもうとしている純様(笑) これは一体何をしようとしていたかというと、、、 コレです。 タコ糸でぐりぐり巻きにしたかったの(笑) さすがはM女! イイ感じにいっぱい巻けた♪   そして純様に責められるめすわんこ。 何やら本当はカウンターを押していただいて、そしてプレイを見ていただくだけだと思っていたらしい。 いや、そんな訳ないでしょ。 せっかく来ていただくのだもの、一緒に遊ばなきゃ(笑) しかし、おそらく純様はカウンター係をしてくださったようなそうじゃなかったような、、、 楽しくなって押すのを忘れられてたような気もします(笑) これはまた再チャレンジが必要のようですね! そして、このあとまた純様と三人でプレイもしているので、またそのブログも書きたいと思います。   それと、、、 初フィストの時のブログ書いてないような気がするので、またそれも書きます。     純様、ありがとうございました。   48回 そんなのきっと嘘(笑) もっとイってると思うわよー!

ブログ – TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
拘束と解放

2020-11-16

拘束と解放

拘束と解放 解放と拘束 とにかくこの二つは切っても切れない関係なのかもしれないとルリ子を見ていると思ってしまう。   彼は私のもとで縄をかけられたことにより、自分の性癖を解放させた。 しかし、私と出会ってしまったことにより、私に拘束されてしまっている(縄とかではなく、離れられないという意味で)   そう考えると、結局拘束されたことにより解放したものと、解放されたが故に拘束されてしまったもの、この二つをルリ子は手にしてしまったのだよね。   やはりこの二つは切っても切れない関係だ。   そしてルリ子はまたさらにそれを身に染みて感じているのではないだろうか。   前回のブログでも書いたが、彼は吊られることの苦しさと興奮から始まったマゾだと私は思っているのだが、彼はこの度新しいものを知ってしまったのだ。   吊られる苦しさから縛られる気持ち良さへ 要するに、苦しいだけでなく、苦しいけれど気持ちいいってこと。 縄が這う心地よさ、そして興奮。 縄でしっかりと拘束される苦しくも甘美な悦び。 そしてその状態をさらに高めてもらえる手の動き。   一つ一つがじわじわとルリ子の中に入り込み、最終はどうなっているのだろうか。 きっと他のことなんて考えられない状態になり、頭は真っ白、自分が一体何なのかすらわからなくなっているのではないだろうか。   しかし、実はルリ子は入り込みが良いタイプではない。 あぁーんとか言ってても、誰かが何かを話しかけると、普通な感じで答えてしまうから、本当にあぁーんじゃないのかもしれない。 そんなことはずっとわかっているし、だからこそ、私は彼のそういう部分を必ずや自分の手で変えていってやろうと思ってきた。 私に対してはかなり減り、そしてひたすら縄をすることによりさらに減るのではないかと思う。 かといってこれを読んだ本人であるルリ子にそこを意識しろと言ってるわけでもない。 どちらかというと、今までその話をしてこなかったのは、本人が変に意識すると困るからしてこなかったのだし。   ルリ子、大丈夫よ。 お前はそのまま私に任せていればいいの。 あとは全て私がしてあげる。 だってお前は私のものなのだから。   素敵な椿の扇子ありがとう。 お前の心遣い、いつもありがたく思っているよ。

ブログ – TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム