女王様コラム 純女王様編 『怖がらずに挑戦してね!の謎』
2020-06-04 大阪 日本橋 フェティッシュSMクラブ Fetishi-sm フェティシズム 公式ブログ

Fetishi-SM Mistress Column 純女王様のプレイに対する姿勢や女王としてのこだわり等が書かれた内容となっています。是非、お楽しみください。純女王様編 『怖がらずに挑戦してね!の謎』たとえば電流責めのコラムでも書いたように、なんとなく怖いプレイというのは存在する。そもそもSMに興味のない者から見たらSM自体が怖いことだろうし、自分はマゾだ!と自覚していたとしても痛いことや苦しいことは怖いはずだ。「怖がらずに試してみて欲しい、怖がらずに挑戦して欲しい」このコラムでも何度かそんなことを書いたりしていたのだが…自分で書いていて実は違和感を感じていた。何がどうとは言えないけれど、なんか違う気がすると思いながら、他の表現を見つけられずそのまま使っていた。私が言いたかったことのだいたいの意味は、たぶん読んでくれてる方たちには伝わっているはずだとは思う。先入観で食わず嫌いせず、いろんなことを試して欲しい。もちろんそういう意味だ。もしかしたら、それによって「いや、やっぱり合わない」ってなるかもしれないけれど、それはそれで良いのだ。やらなければ分からなかったことだし、そんなことでその日のプレイが台無しになるわけじゃないのだから。むしろ「なんでもっと早くしてみなかったんだろう?」ってなるかもしれないでしょ。私は、ただ怖いことを怖いだけで終わらせないつもりだからこそ、フェチにもマゾにももっと気軽にいろんなことに挑戦して欲しい。そう思って「怖がらずに〜」と書いていた。(↑上から順に、低周波じゃない電流責め、ビニール袋で呼吸管理、鞭で洗濯バサミ落とし、ちょっぴり怖そうなことを並べてみました・笑)でも、とあるマゾに言われてはっとした。「マゾは怖がりたいんです」そういえば、そうだった!!!(笑)フェチはともかくとして、マゾは怖がりたいのだった。それに、怖いことを怖がらずにおくなんて出来ないし怖いままで良いのだ。「怖いです、怖いです」そう繰り返しながらスパンキングされに来るマゾ。解放時には「もう嫌ー!」って、叫びながら鬼のような目でこちらを見るくせに、しばらく経つとまたやって来る呼吸管理好き。(注: 鬼のような目で見るのは私ではなく、マゾの方だ!)「アレはもうしないで下さい!」そう泣きながら頼むけれど、私がソレをやらないわけがないことなんて知ってるはずの便器。そんなマゾを何度も目にしているはずだった。そして、そうやって怖がってる姿を見たり、更に追い詰めたりするのが私は大好きなはずだった!!!↑再び、ちょっぴり怖そうなこと。拘束監禁(DID)と尿道拡張。このコラムを書くにあたって、私がずっと意識していたのは「興味があるものの、まだSMクラブに来たことがない人」という存在。そんな人たちにFetishi-SMというフェチ&SMクラブへ興味を持ってもらうべくコラムを書いてきた。(これは女王様コラムの趣旨とは関係なく、今回のお休みの間に私が勝手に自分のテーマとしてたこと)だからこそ、比較的とっつきやすい内容を選んで書いてきたつもりだ。でも、たとえばSMクラブに来たことのないマゾがいたとして、やはりマゾはマゾだ。強くて美しい女性に追い詰められたり、そそのかされるのはやっぱり好きなはずである。程度の差はあれど、「ちょっと怖い」という要素は必要だったりもするのだ。マゾが、あんなに怖かったのにまたされることを想像してしまうのは、なぜだろう?また来てしまうのは、なぜだろう?そこには「絶対にこの人には敵わない」って思いを抱きたい、抱かせて欲しいからではないだろうか?これって凄く大切な感情だと私は思う^_^そして、私が書きながら違和感を感じていた「怖がらずに挑戦してね!」という言葉。本当に言いたかったのは「怖いだろうけど、私に任せてくれたら悪いようにはしないわ!」ってことだったと気付いた。(気持ちを言葉にするって難しいー!)今回、改めて考えるきっかけをくれたマゾには本当に感謝!!!ありがとう^_^こういうマゾの何気ない言葉が自分の想いや考えを確かめるきっかけになることは結構ある。たまにマゾだから自分の考えを言ってはいけないとか、エゴマゾのようだと気にするマゾもいるけれど、絶対にそんなことはない。少なくとも私は言うべきだと思ってる。それをどう考えるか、どう返してやるかは私が決めることなのだから。それが本当に気に入らなければ、理不尽に叱るかもしれないけど(笑)(↑これが一番怖いってマゾもいるかも?)だから…みんな怖がらずにマゾの意見も聞かせてね!今回は、あえてこの言葉で〆てみたよ(笑)純大阪 日本橋 フェティッシュミストレス倶楽部 Fetishi-SM URL PC:http://fetishi-sm.com/ URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/お問い合わせは TEL:06-4963-2242 MAIL:info@fetishi-sm.com迄 営業時間:12:00~ラスト(電話受け付け最終時間・24:00迄) ご予約対応時間:11:30~24:00(最終ご予約案内時間)※只今、臨時休業中です。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

在籍店舗

Fetishi-SM フェティシズム

エリア:大阪府
キャスト名

Fetishi-SM フェティシズム 公式

記事内のキーワード
※ 鞭ではなく、手のひらやパドルと呼ばれるウチワ状の器具等で尻や股などを叩くプレイ
※ フェティシズムの略
※ マゾヒズムを持つパートナーに対して支配的な立場をとるS女性
店舗 記事一覧
改めて思うこと ~ルリ子の場合~

2021-07-29

改めて思うこと ~ルリ子の場合~

始まりは吊りだったルリ子は吊りにこだわることなく、縄を楽しめるようになった。 私が最近楽しくしているのは柱磔。 まぁ、この時は他のこともしようと思ってたから足先まで縄をかけてはいないけれど、いろんなやり方があるってことで。 だから、全身ギッチギチに縄を~というのも、もちろん可能ということが言いたいだけ(笑) &nbsp; この時はこうして乳首遊び。 柱や梁があると遊び方はこうして増えるので楽しい。 思いっきり引っ張ってあげよう。 ルリ子はいつの頃からか、乳首を伸ばしたいと思うようになった。 理由は乳首を縛って欲しいから(笑) からの、こんな感じ。 立ってなくても柱はこうして活用できるし、やはり便利。 そして私はここで気づくことに。 ルリ子とのプレイがある意味、行為においてマンネリ化してきていたのではないか?ということ。 まぁこれはある一定の方向に私が意識的に持っていっていたということもあるのだけれど。 ということで、これからはまた色々としてやらねばと思い至ったわけ(笑) ルリ子、縄だけでなく、色々とまたしてやろうね。 &nbsp; &nbsp; この時の恒例のおやつタイムフルーツ大福。 いつも色々と買ってきてくれてありがとう。 さて、次のプレイは何を着ようか?(笑)The post <a href="https://tsubakism.com/blog/7861/">改めて思うこと ~ルリ子の場合~</a> first appeared on <a href="https://tsubakism.com">TsubakiSM</a>.

ブログ | TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
ご挨拶が象徴するものは

2021-07-24

ご挨拶が象徴するものは

奴隷にご挨拶というものはつきものだ。 だって、形って重要だから。 (と言いつつ、そんなにご挨拶をちゃんとさせていない専属が一人いることに私は、、、となっているが、まぁそこはさておき) 自分は奴隷だということをしっかりと認識させる必要はある。 だから、所謂奴隷見習いの時にしっかりと教え込む。 &nbsp; そしてここからが肝心。 人というのは面倒くさくなってきて、『あぁ、今日はもういいいわよ』なんてことになってくると、そのうち相手もダレてきて、いつしかしないことが当たり前となり、その次にやってくるのは【本来の関係性】というものをすっかり忘れてただの慣れあい。 すると決めたことはしっかりとする。 これが基本。 特に女王と奴隷の関係においては。 &nbsp; もちろん、人として関係性は変わってくるだろう。 年数も経てば、相手との関係性はさらに密になり、特に私の場合は『私』という女王というよりは人としての部分がさらに出てくるのだと思う。 そうなった時に間違ってはならないのは、【ただの慣れあい】になってはいけないということ。 &nbsp; これは私自身に対する戒めでもあり、そして私の奴隷となったマゾ達への戒めでもある。 ありがたいことに、私の奴隷達は私のもとを去ることもなく、全員そのまままだいるけれど、中には関係性をひょっとしたらはきちがえてきているのでは?と感じる場合もあった。 その都度、私はそこを修正してきているが、やはり &nbsp; 親しさと慣れあいは違う &nbsp; ということをしっかりとここに今一度言っておきたいと思う。 &nbsp; ご挨拶というものはそんなことの象徴なのだ。 &nbsp; &nbsp; 延々と書いているが、今回の写真は専属Y。 Yよ、お前は特にこのことを肝に銘じなさい。 私があまり叱らなくなったからといって、なめていてはいけない。そして、ダレてもいけない。 お前にとって私は一体なんだ? そこをしっかりと考えなさい。 &nbsp; と、何やら私は奴隷に対し、真剣に語りかけているのだが、プレイ写真がとても緩い(笑) ↓↓↓ &nbsp; 新しいペニス用のお道具をゲットしたので、使ってみたの図。 とはいえ、とても真剣に言っているので、Yだけでなく、奴隷達よ、肝に銘じておくように。 &nbsp;The post <a href="https://tsubakism.com/blog/7851/">ご挨拶が象徴するものは</a> first appeared on <a href="https://tsubakism.com">TsubakiSM</a>.

ブログ | TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
その苦しむ顔が好き

2021-07-23

その苦しむ顔が好き

脚が好き。足が好き。 だから、その足が履いているお靴だってもちろん好き。 たまには椅子にしてやろうと、身体に座ってみるものの、そっちに興奮しているのか、ブーツの脚をしっかりと持たされていることに興奮しているのか、、、(笑) とにかくすべてが好きなことだから仕方がないのだろう。 しかし、この状態でイってしまうと私が危ない。 イってはいけないということをわからせるために、おでこに灰皿を。 イクと身体が大きく揺れる→座っている私がバランスを崩す この図式にはなりたくないものね(笑) &nbsp; そうはいっても、この状態が幸せすぎて、あまり人の声も耳に入っていないかもしれないめすわんこ。 遊園地の遊具感覚で遊ぶなら、イキまくらせてみるのもありなんだけどね。 ヒィヒィしている顔を見ていたら、もう一段階ヒィヒィ言わせてみたくなった私。 彼女にとってはかなり難易度の高いビニール袋を被せてみた。 恐怖は込みあがる。 しかし、既に興奮してしまっている身体と頭。 さて、どちらが勝つのか、、、?(笑) &nbsp; 結果、トーゼン興奮が勝ちます。 だって私がしていることだし、相手はマゾだし(笑) &nbsp; この時の仕上げは可愛らしいフレンチブルの待ち針でした! 可愛いでしょう?と自分で持ってきたくせに、自分に使おうとするのを驚くマゾ。 いや、お前が持ってきたのだから、お前に使うに決まってるじゃない、、、 と思うのだが、一体マゾの頭の中ってどうなってるの? それとも使って欲しいけど、素直に言えないマゾ心ってやつですか?? どちらにしても、なかなかに面倒な生き物よね、本当に。 &nbsp; この時は新しいイエローのコルセットが届いたところだったので、着てみました。 めすわんこは喜んでいたけれど、私としては黄色のコルセットに黄色のグローブはちょっとやり過ぎかなと。 ここはラインに入っているブルーのグローブの方が引き締まっていいんじゃないかなと思いました。 あ、結局その後、そのコーディネートを試していないので(笑)、近々してみたいと思います。The post <a href="https://tsubakism.com/blog/7845/">その苦しむ顔が好き</a> first appeared on <a href="https://tsubakism.com">TsubakiSM</a>.

ブログ | TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
これが私の精一杯

2021-07-21

これが私の精一杯

はじめましてのマゾがやってきた。 SMクラブも初めてだと言う。 きっと期待と不安をいっぱいにしながらやってきたのだろう。 只今、フェティシズムではプレイ前に検温をお願いしている。 もちろん、当日出かける前にも検温してくださいとお願いしているし、確認の電話の時にも体温の申告をしていただいています。 &nbsp; しかし、遭遇しちゃった、、、 フェティシズムがお願いしている体温を遥かに上回る体温をたたき出してしまったマゾに。 そうなると、プレイできないのだ(残念だけど)。 もちろん、返金もいたしかねますとご予約時にちゃんとお伝えしているし。 &nbsp; だから、何度も検温したよね。 脇差タイプも使って。 &nbsp; しかし、熱は一向に下がらず、、、 &nbsp; 本人もとっても焦ってた。 &nbsp; ひとまず、マスク着用のまま、常識的な距離を保ちながら、お話をすることに。 &nbsp; 本人の希望はバキュームベッド。 興味があったようだが、他にも色々お話していると、興味の対象はいくつかあるようだ。 &nbsp; なんだかねー、やっぱり可哀想。 だから、私が取った行動は、少しだけプレイをするというものでした。 &nbsp; もちろん、普通にはできない。 (だって、できないですとフェティシズムは言ってるんだし) だから、マスクをした状態でうつ伏せでのプレイ。 お互い、飛沫をそこまで気にせずに済む方法をとったわけ。 ナデナデしてあげたり、踏んであげたり。 バキュームベッドはできないけれど、少しでも何か感じて帰って欲しかった。 &nbsp; しかし、こういったケースでも本人の希望が、やっぱり厳しいことだったら、私ははっきりとNOと言う。 だって、ルールはルールだし、本人のことを考えたら可哀想だなとは思うけど、他のマゾ達に失礼になっちゃうし、私の責任感というものにも関わってくるでしょう? &nbsp; 可哀想なマゾ、その節は本当にお気の毒でした。 その後どうしているのかな? 体調もそうだけど、マゾとしても。 またタイミングが合えば、体調が万全の時に遊びにいらしてね。 &nbsp; 色々お話できたのは良かったと思ってます。 &nbsp; 楽しいひと時をありがとう。The post <a href="https://tsubakism.com/blog/7837/">これが私の精一杯</a> first appeared on <a href="https://tsubakism.com">TsubakiSM</a>.

ブログ | TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム
恥ずかしいことに興奮するマゾ

2021-07-15

恥ずかしいことに興奮するマゾ

新しいスパンキング用の木のパドルを使ってやろうとウキウキの私(笑) しかし、まぁそれも楽しく使ったのだけれど、写真にはありません。 ずっとプレイをし続けてきたスパンキーマゾとのプレイなのだけれど、彼はお仕置きされるのが好きなのは当然のこと、羞恥的な要素にグッときてしまうマゾでもある。 鏡に映る恥ずかしい自分の姿。 そして、電マで弄ばれるそんな姿を見せられ、恥ずかしくて仕方がないのに興奮してしまう。 たまにはそんな写真をたくさん載せるのもいいのでは? 散々に電マ責めね? こんなことでペニスが勃起するということは反省が足りない証拠だと、私にお尻を叩かれお仕置きを受ける。 そしてまた、電マをあてられ、反省具合をチェックされるわけ。 まだまだ反省が足りないから、こんなことをさせられるスパンキーマゾ。 口枷をされ、涎をダラダラ垂らしている自分をしっかりと見なさい。 しかし、また触られると興奮してしまう、、、 こんな姿で鏡の前に立たされているというのに、それでも興奮してしまうお前はやはり変態マゾね。 最終的には、そんなものがついているから悪いのだと搾り取られることに。 だけどね、結局イったらまたお仕置きされちゃうのよね。 どうあってもお前は許してもらえないってこと。 &nbsp; イったらお仕置きですか? すぐそう聞くくせに、実際は果ててしまうと、もう全くその気がなくなってしまっていた以前が懐かしい(笑) &nbsp; パドルだって全くダメだったもんね。 そんなことを懐かしく思い出しながら、このブログを書いてます。 まぁまたタイミングが合えばご一緒しようね。 楽しいひと時をありがとう。 &nbsp;The post <a href="https://tsubakism.com/blog/7829/">恥ずかしいことに興奮するマゾ</a> first appeared on <a href="https://tsubakism.com">TsubakiSM</a>.

ブログ | TsubakiSM
【大阪府】Fetishi-SM フェティシズム