匂いを忘れないで。
2020-02-14 smclub FACE RIN Blog

凛女王の匂いを覚えたペット。また私の元に戻ってきてしまう、匂いを脳に焼き付けるように。オマエはカラダも心も私に満たされるのよ。ほら、もっと嗅ぎなさい。口を優しく強く押さえられてしまったオマエは、嗅覚の優れた犬よ。植え付けられた凛女王様の香り、そして匂いを忘れないでね、、?また会える時、更に味わえられるように、、凛-RIN-

在籍店舗

SM倶楽部 FACE

エリア:愛知県
キャスト名

記事内のキーワード
※ マゾヒズムを持つパートナーに対して支配的な立場をとるS女性
店舗 記事一覧
擬似黄金

2020-02-28

擬似黄金

るみ様から出る神秘的なもの。まだ体験したことのない未知の領域。なかなか手を出せないものだからこそやってみたい願望が膨らんでいく。そこまではまだ怖くて出来ないけれど擬似黄金なら…。私から出るものをこぼさず全て食べなさい。こぼすことは許されないのよ…。るみ様のお尻が顔に近付いてくる。口の近くにるみ様のアナルが。こんな近くで出されたら逃げる事はもう出来ない。ゆっくり少しずつ出てくる「ソレ」を口の中に溜めていく。ほら飲み込みなさい。怖さもあり勢いよく飲み込む。すんなり身体に入っていく「ソレ」を身体の中から感じ、るみ様とひとつになれた様な気持ち良さが染み渡ってくる。もっと下さいとついお願いしてしまう。今度は勢いよく大量に口に出される。必死に飲み込んでいる姿を見て楽しそうなるみ様。まだまだ出してあげるからね。口を開けなさい。沢山擬似黄金を頂き興奮も止まず食べながら自慰をする。ようやく叶った願望。多幸感に溢れて心も身体も満たされる。ずっと頭が痺れる様な感じがしたと伝えるとドライに入っていたのね。と教えて頂く。これが脳イキの世界なのだと。

mistressRUMI SM blog
【愛知県】SM倶楽部 FACE
聖水イルリガートル

2020-02-27

聖水イルリガートル

今日もめい様の聖水を僕の中に注入していただきに来てしまった。「今日はね、これでやってみようね。」いつもは浣腸器で聖水浣腸をされるんだけど、今日はイルリガートル!?「そ!そんなにたくさん入らないですよ!??」「え〜?やってみないとわからないよね?この前、結構量入ったじゃん」……………そうなんです。実はこの前、自分でもびっくりするくらい結構な量が入ってしまったんです。「ふふふ。また限界になったら教えてね。ちゃんと辞めるから。」めい様がイルリガートルを持ち出して、すでに楽しそうなので、拒否はできない……!やってみます。めい様はタンクの方に聖水を貯めていらっしゃいます。洗面器ならば秘部が見えるのに! タンクだと全然見えない。でも、洗面器と音が若干ちがうし、意外とシュールなので、めい様のレアな姿が見れた事と、イルリガートルで聖水浣腸なんて初めてでワクワクしています。「ふふふ。なんか嬉しそうだね。お尻に入れるよ〜」スーッとチューブの先のノズルが入ってきたら、時間差で温かい液体が流れてきました。  はぁああああぁああああ〜〜〜〜〜〜出したてほやほやの新鮮な聖水が僕のお腹の中に。この上ない幸せです。…………………あ!でももう限界。「え?もう限界?本当だ!半分まで入っちゃったもんね〜。でもな〜、まだ半分残ってるんだよな〜」まだ入れられちゃうのかと思ってドキドキしてしまったけど、めい様はお尻からノズルを抜いてくれた。「ふふふ。まだ、我慢だよ。」ほっとするのも束の間、「ねぇ、お尻がダメなら口からなら飲めるよね? ふふふ。あ〜んってして。」!?!?!?!?!?!?「あ!大丈夫!ノズルは交換した!ほら!こっちがお尻に入ってた方。ふふふ。はい、あ〜〜〜〜ん。」変えられたノズルを見せてくれたので、言う通りに口に咥えた。めい様にあ〜んと言われると、つられて口を開けてしまう。さっきのお腹の限界はなくなったかのように波が消えた。「ふふふ。おいちいね〜。ジュースみたいだね〜。」めい様がノズルを咥えた僕を見て頭を撫でてくれる。もう、聖水がジュースだと錯覚してしまうほど美味しくなってしまう。「ふふふ。飲みきっちゃおうね。」チューブから流れてくる聖水を見ながら飲むのは初めてでとても新鮮な聖水浣腸になった。上からも下からも全身、私の聖水でいっぱいになった気分はどうだったかな?私はもちろん楽しかった!初めてのイルリガートルだったけど好きになってくれてよかった。ありがとう。

smclub FACE MEI Blog
【愛知県】SM倶楽部 FACE
めいのおいしいレストラン #3

2020-02-27

めいのおいしいレストラン #3

こんばんは。めいのおいしいレストランの時間がやってきました。まさか楽しみにしている方がいると思わず、「めいのレストラン」全然営業してなかったですね。休業にせず、フル開店致します。これからもどうぞ、ごひいきに。では、記憶がある順に書いていきますね。今回の食材は変態M男ちゃんが持ってきた、飲むゼリーでございます。飲むゼリー?擬似黄金でもするのか?と思いきや、変態M男ちゃん専用のお薬を作ってほしいという希望です。あらあら、お薬希望なんですね〜変態の治療薬でも作りましょうかね〜逆に私にハマらせてしまうお薬になっちゃいますかね〜ふふふふふふ。では、変態の患者さんが処方をお待ちなので、早々といきましょうね。底の深いお皿やボウル、洗面器等に飲むゼリーをブチュブチュブチュゥゥゥウウウウっと出します。そして飲むゼリーにひたひたに浸かるように聖水をぶちまけちゃいましょう。よく混ぜるのがポイントです。これで、「変態M男ちゃん専用お薬」の完成です!!!!すごい簡単に処方できてしまいましたね。料理の素人でも大丈夫!飲むゼリーじゃなくて、甘いものでもご飯でも何でも代用できますね。さぁ、量がいっぱい出たのでたっぷり飲みましょうね〜ゴクゴクゴクゴク…………………。今回はなんと!お薬の感想もいただきましたよ。「お薬は苦いので、心配でしたが、このお薬なら全部飲めるし、何杯でも飲めちゃいます!」なんと晴れ晴れしたすこやかな顔で答えてくれる変態M男ちゃんなんでしょう。とてもかわいいですね〜何杯でも飲めるという力強い言葉をいただきました。お薬嫌いにはもってこいですね。これで、悪いウイルスが身体から出ていって、私に不要な栄養素が、変態M男ちゃんの身体の中へ入っていきますね。とてもいいリサイクル。環境は大事にしましょうね。食べ残し、飲み残し厳禁です。おやおやおや?量が多かったみたいですね〜お持ち帰りペットボトルを出してきました。最初から持ち帰る気満々でしたね。そうそう。お薬は朝、昼、夜の3回飲まなきゃ効かないんです。ちゃーんと持ち帰っていただきましょうね。お持ち帰りご希望の方や、たくさんの量をご希望の方は、私が飲む用のお水、または、お茶を持ってきていただけると、助かります。いつもありがとうね〜。では、また次回お会いしましょう。食材募集中!!!!お試しに調理されに来てくださいね。

smclub FACE MEI Blog
【愛知県】SM倶楽部 FACE
染められる

2020-02-26

染められる

今日は2回目の開発。前回は前立腺でイク事を覚えさせられ、それ以降乳首の感度が良くなり自分でも触ってしまう程に変えられてしまった身体。あの気持ち良さが忘れられなくなってしまった。と、るみ様に伝えると今日はより深くイけるように開発しましょうね。と微笑む。暖まった身体にるみ様の指が這う。くすぐったさが次第に気持ち良さに変わる。コレだけで感じ悶えてしまう。少しずつ乳首に近付く。ふわりと触れらると大きく声が漏れる。そのまま乳首を集中的に責められる。アンアンと喘ぎ声が止められない。自我を無くしてしまうほど感じてしまう。気持ち良さにだけ浸りほか事が入り込む余地もない。真っ白になっていると次はアナルを責められる。指がゆっくり入るとゾワゾワ鳥肌が立つ。ゆっくりじっくり掻き回され感じる程に広がっていく。入口も中も。まずは前回同様前立腺であっさりイカされてしまう。そしてさっきとは違う責められ方で触られんー…と今までにないくらい身体に力が入ってくる。全然違う。快楽の波が激しくいっきに押し寄せてくる感覚。声にならない声とともにイカされる。頭がチカチカで目がランランとしているのに身体はどっと力が抜けていく。初めてのアナガズム。今までにない激しい快楽にもっと求めてしまう。何度イカされても快楽の波が下がっていかない。どんどんイク間隔が早くなる。意地悪に指を抜かずに連続してイカされる。少し休憩ね…。とまた乳首だけを弄られる。最初より敏感になっている乳首。触られる感覚が全く違う…。アナルでイカされ続けて既に真っ白になっている頭で気持ち良さだけが響く。力が入ってくるのを見てるみ様が笑う。お前は乳首でイクのよ。ほらイキなさい!言葉に反応して身体がビクビクっと揺れる。アナルでも乳首でも何度もイカされて…。こうやってアナガズムの虜になりるみ様に心も身体も染まっていく…。

mistressRUMI SM blog
【愛知県】SM倶楽部 FACE
聖水浣腸

2020-02-23

聖水浣腸

「めい様………!今日の浣腸は、めい様の聖水をいただきたいんです………」許可していただけるかわからず、恐る恐るきいてみた。「ふふふ。聖水入れてほしいの〜?じゃあ今から出る分、全部入れれるかな?」「ぜひ!!!お願いします!!!!」めい様が笑顔で心良く受け入れてくれた事にとても嬉しくなって、食い気味で答えてしまった。「ふふふ。元気な変態ちゃんだね。そんなに聖水浣腸してほしいんだ〜。」めい様はそう言うと、洗面器にまたがった。「ふふふ。これから大好きな聖水を溜めるからね。量をちゃんと見なさいね。」めい様の秘部から聖なる水が勢いよく溢れ出てきた。量も結構ある。めい様の聖水をする姿を目の前で見れている事にどんどん興奮してきて、さらに、こんなにたくさんの量のめい様の聖水を自分の中に入れれるのかと思うとドキドキとワクワクで心が踊ってしまっている。「ふふふ。聖水するの見ただけでそんなになっちゃうの〜。浣腸で中に入ってきたらどうなっちゃうんだろうね?」めい様がイタズラな表情で笑いながら僕を四つん這いにさせた。「ほら、お尻突き出して。大好きな聖水が入ってくよ〜」めい様の言葉と同時に温かい聖水が入ってくる………。はああぁあぁぁぁぁあ〜〜〜〜〜〜めい様の体温や細胞を吸収しているようで、めい様とひとつになれたような気がして、感極まった。日常のストレスや疲れがみるみる浄化されていくような気持ちになる。魔法みたいだ。大好きな聖水と、大好きな浣腸。合わさったらとても贅沢なプレイになったね。全部入って私も嬉しかったよ。ありがとう。

smclub FACE MEI Blog
【愛知県】SM倶楽部 FACE