便器が好きな無様な君へ
2019-09-11 paraphilia

細くて力もなさそうだけど逃げようとすれば逃げることなんて幾らでもできたでしょうに 嫌だと拒絶する時間やタイミングは充分あったはず でもあなたは自ら便器に顔を突っ込んで底辺である自分に酔い痴れ哀れで惨めで情けない姿を毎回披露してくれるんです 普通の人間には出来得ない事だよね どうしてそんなに面白いんだろう…笑 いっつも笑顔にしてくれる笑 正直わたしと初めて会った時はこんなに自分が堕ちた存在になるとは予測できなかったんじゃないですか? でもそんな自分のことも本当は大好きだったりして…笑 わたしがあなたに与える屈辱で今日も無様にザーメ●搾りながら毎日必死に働いてると思うと心底笑っちゃう ___   誕生日プレゼントありがとうございました♡ 紅茶大好き

right